2018/12/29

続・あるいは裏切りという名の猫 27


次男(……)

次男(三男に言われた通りにカクテルにこの薬を混ぜて、おっさんに呑ませりゃいいんだな)


次男「これは俺様のおごりだぜ 遠慮なく呑んでくれ」

マコちゃん(…何か企んでるな)

マコちゃん(あ… 呑んだ)

そうです 三男が作ったこの薬は特質を一時的に自由に入れ替える効果があるのです おっさんの「カウチポテト」を「天性の料理人」と交換します


おっさん「お呼びですか、お嬢様」
お嬢様「トイレが詰まってるの 直してくれない?」

おっさん「かしこまりました」
お嬢様(その台詞、初めて聞いた)






お嬢様が命じればゴミ出しも掃除もやってくれます

次男「おっさん、腹が減った 何か作ってくんない?」

おっさん「はい、喜んで」

教訓:カウチポテトは執事には向きません


2 件のコメント:

  1. ふぉぉぉwwwwww

    次男さんナイスカクテルwwいや、バーテン??ww 

    特質ってすごいですね。 適材適所というか、なんというかww 
    もはや別人レベルで執事任務こなしまくってますねw(うちでも入れ替えてやりたいw)

    返信削除
  2. おっさんも本来きれい好き特質ですから、フリーウィルでほうっておいたほうがよく働いてくれました 寝間着から普段着への着替えはしたりしなかったり… これも特質が関係しているのでしょうかね

    返信削除